AOI FILM CRAFT LAB.の評判は?実際に使ってみた感想を語るよ

こんにちは、めっしーです。

映像制作のサブスクリプションサービス、増えてきていますよね。動画の需要が高まりつつある中で、学びのプラットフォームも多様化してきています。

そんな中で最近筆者が注目しているサービスがあります。それが、AOI FILM CRAFT LAB. というwebサービス。日本を代表する映像会社であるAOI PROが運営するサブスクリプション型のwebサービスです。

顔アイコン
めっしー

実際に使ってきました

今回はAOI FILM CRAFT LAB.を実際に一ヶ月使ってみた感想と、コースごとの紹介、そしてどんな人におすすめかも紹介をしていきたいと思います。

AOI FILM CRAFT LAB.とは?

株式会社AOI Pro.が運営する月額制のサブスクリプションサービスです。 クリエイターを養成するためのコミュニティとして、2020年7月22日からサービスを開始しています。

顔アイコン
めっしー

このニュースは映像を本業としている筆者の耳にも入ってきており、天下のAOI Proがスタートするサービスと聞いて非常に気になっていました。

・広告映像を企画から学べる
・映像業界と繋がるコミュニティに参加できる
・日本を代表する一流クリエイターの話を聴ける

という3つを特徴としており、アマチュアからハイアマチュアまで幅広いユーザーを対象としています。

コースは2つあり、MasterClass(月額10,000円)とLightClass(月額3,000円)に分かれています。

AOI PRO CRAFT LAB_料金プラン

MasterClassはセミナーを受講でき、作品の添削をプロにしてもらえる権利がついています。

LightClassもトークイベントや動画コンテンツの利用のみできます。正直これだけでもなかなかボリュームあるので、初めて使う方はLightClassからで良いのかな〜と思います。

ちなみにトークイベントなどはオンライン・またはオフラインで参加が選べるので遠方に住んでいる方も問題なく視聴可能です。

AOI FILM CRAFT LAB.学べること

AOI FILM CRAFT LAB.では、ゲストスピーカーによる講演の他にも、映像制作にまつわる知識が学べる動画コンテンツが用意されています。

ざっくり分けると下記の3つに大別できます。

・広告映像における企画の考え方
・撮影におけるカメラワーク
・演出方法

編集技術を高める講座というより、企画の考え方にフォーカスをおいたものが多いです。映像業界の巨匠だから語れるエッセンスも多く、かなり満足度は高いです。YouTubeなどではなかなか学べない内容ですね。

CMやMV、映画などの制作に携わっている方や、将来そういった仕事につきたい方にはかなりおすすめできます。

AOI FILM CRAFT LAB.の良かった点

AOI FILM CRAFT LAB.を一ヶ月使用してみて、「素晴らしい!」と感じた点をまとめました。

学びづらい企画・演出力が身に付く

前述した通り、セミナーや講座の内容の中心が企画・演出にまつわる内容です。毎回業界を代表する巨匠がゲストとして招かれ、映像に対する考え方などのレクチャーが受けられます。

・映画『恋は雨上がりのように』の永井聡さん
・星野源や米津玄師のMVに携わる林響太朗さん
・脚本家。監督として成功している西川美和さん など…

こうした豪華なゲストが毎回呼べるのは、日本屈指の映像制作会社だからこそなせることですよね。こういった部分は本やYouTubeでは学びづらい分野なので、かなり価値がある内容だと思いました。

コミュニティが豊富

AOI FILM CRAFT LAB.はSNSのように、サロン内でコミュニティがいくつか存在します。

趣味趣向でグループができており、ここから交流が生まれたり。
AOI PRO CRAFT LAB_グループ一覧

SNSみたいにでつぶやき機能があったり。
AOI PRO CRAFT LAB_タイムライン

サロンをきっかけに一緒に作品作りをしたりする人も誕生しており、映像関係の人との交流する機会としては最高なのではないでしょうか。

自分を売り込むことができる

サロン内では自分で情報を発信することが可能です。

つぶやきの他にブログという項目もあり、自分で記事コンテンツをサロン内で発信することができます。

AOI-PRO-CRAFT-LAB_ブログ一覧

自分の作品を紹介するでも良いですし、撮影クルーを募ったりでもOkです。AOI Proの方や映像業界人もサロン内にいるため、自分を売り込む機会があることも貴重だと思いました。

AOI FILM CRAFT LAB.のイマイチだった点

AOI FILM CRAFT LAB.を使ってみて「ここは微妙だな…」と感じた点をまとめました。

コンテンツの数が少ない

2020年7月に開始したサービスということもあり、動画コンテンツはまだまだ少ないです。2021年4月25日時点で26つのみ。更新頻度は不定期で、2021年3月12日を最後に更新が止まっています。

過去の講義のアーカイブなどが見れるのは嬉しいですが、更新頻度が少ないため継続して利用はちょっとな…というのが正直な感想です。イベントなどは月に3~4回のペースで実施されていますが、それでももう少しコンテンツ数を増やして欲しいですね。

価格が少し高い

上記と関連しますが、講義数のわりに値段は割高かな、と思います。初回利用なら満足できるかと思いますが、2ヶ月目以降は割高に感じる方も多いかと思います。

筆者はLightClassですが、1ヶ月目で利用を止めました。

編集スキルはあまり学べない

Premiere ProやAfter Effectsといった編集技術を学ぶコースは皆無です。企画・演出の講座に全振りしています。

純粋な動画編集スキルが学ぶ目的での登録はおすすめしません。参考書やudemyで勉強した方が良いです。

ちなみに、Udemyのこの講座はめっちゃおすすめなのでぜひチェックしてみてください。

業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版

After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術

まとめ : 企画力を養いたいならおすすめ

というわけでAOI FILM CRAFT LAB.を使ってみた感想をまとめました。

企画・演出のエッセンスを学びたい方は一度利用してみる価値はあるかな、と思いました。人脈を増やすのにも効果的だと思いますし。

興味ある方はぜひぜひお試しください〜。

最新情報をチェック!
>