【DR-05&CS-10EM】ASMR動画の撮り方・録音方法を解説!

そろそろASMRの撮り方教えろよ。

 

ASMR動画を撮るのみおすすめのバイノーラルマイクをまとめてみた

こちらの記事でASMR動画を撮るのにオススメのバイノーラルマイクを紹介しました。

おかげさまで色々な方に見ていただいています。どうもありがとう。

ただ、機材があっても撮り方がわからない! という方も多いかと思ったので、今回はASMR動画の撮り方、また作成の手順を紹介したいと思います。

使用機材

今回の撮影で使った機材は以下の通りです。

  • TASCAM DR-05
  • ローランド バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM
  • iphone7
  • iphone用の三脚

シンプルですが、これだけでASMR動画を準備することはできます。

ちなみに編集ソフトはAdobeのPremire Pro

特別演出を凝ったものにする必要もないので、動画の切り繋ぎができる編集ソフトであればなんでも良いと思います。

ASMRで有名なYoutuberであるはとむぎさんは、Premire ProAfter Effectsを使っています。

カメラはiphone7を使いました。一眼レフやデジカメを持っている方はそれらのカメラを推奨しますが、スマホの画質でも十分だと思うので今回はあえてスマホです。

顔アイコン
めっしー

正直、iphoneって廉価なデジカメよりよっぽど性能が良いのです。

三脚はゴリラポッドもどき。バイノーラルマイクはICレコーダーとイヤホン型のバイノーラルマイクを組み合わせてます。

TASCAMのDR-05RolandのCS-10EMが王道の組み合わせてすね。使いやすくていい感じです。

それでは撮影をしていきます。

ASMRの撮り方・録音方法


ASMR動画のキモは何と言っても臨場感。ASMRの動画はバイノーラルマイクで撮影されることがほとんどです。

今回使うTASCAMのDR-05というICレコーダーも、2つのマイクが本体についています。
左右独立して音を録音出来るため、レコーダー単体でASMRを録音されている方もいます。

ただ、マイクの距離が近いこともあり、左右の音がどうしても混ざってしまいがちなんですよね。単体だと少し使いづらい印象です。

そこでDR-05とは別にRolandのCS-10EMを一緒に使用します。

この組み合わせが現状最安ですね。そして多くのASMRistも使っているマイクになります。

CS-10EMはイヤホン型のバイノーラルマイク。イヤホンの外側にマイクが内蔵されているんですよ。

DR-05に接続すると、イヤホンから拾った音がレコーダーに録音されます。

本来はイヤホンを装着した状態で撮るのがスタンダードですが、イヤホン同士を離して置くことで、このように左右独立したバイノーラルマイクとして使うことも出来るんですね。

実際にこのやり方で録音するASMRistも多いです。

録音形式の設定

DR-05では録音形式をWAVMP3で設定することが可能です。

wav・・・無圧縮のデータで、データが劣化しないので音質は良くなる。一方で容量も大きめになる。

mp3・・・データ圧縮されるため、音が多少劣化する。一方で容量はwavの10分の1程度で済む

僕はwavの24bitで設定をして録音をしました。録音レベルは高すぎるとホワイトノイズも大きくなるので、30くらいがちょうど良いかと思います。

というわけで、今回はこんな感じでセッティング。iphoneの録画ボタンを押したタイミングでレコーダーの録音を開始しましょう。

iphoneで撮った映像に、バイノーラルマイクで撮った音を差し替える形になります。

それでは、撮影していきましょう。好きな音を撮るのです…!!

(撮影シーンは省略)

編集 音と映像を同期させる

撮り終わったら次は編集です。

筆者はPremire Proで編集をしました。

まず、DR-05でレコーディングした音声をPCに取り込みます。

付属品でUSBケーブルが付いているので、編集用のPCとレコーダーを接続しましょう。

録音したデータを取り込みます。

スマホで録画した映像もPCに保存しておきます。

映像と音声を取り込んだら、編集ソフトで映像と音を同期させましょう。

映像と音は手動で同期させることも出来ますが、映像側の音の波形と外部マイクの音の波形から自動的に同期させる方法もあります。

こちらの記事で分かりやすく説明されているので、参考にしてみてください。

別録りした音声と同期させる方法(Adobe Premiere Pro CC)

映像と音声を同期させた後は、シーンをカットしたり、モーショングラフィックを入れてみたり、好みで編集する形になります。

ASMRの動画編集もたいして特別なことはありません。

動画編集ソフトは基本的になんでも良い

今回の記事ではadobeのPremire Proを使用して動画編集をしていますが、動画編集のソフトは基本的になんでもOKです。

Premire以外だとfinal cut proなども有名どころの動画編集ソフトですね。

しかし動画編集の初心者の方であれば、ソフトウェア会社で有名のGOMからリリースされたGOM MIX PROが価格的にも良さそうな印象があります。

Premireやfinal cutよりも値段がリーズナブルです。映像と音声の周波数で同期させることができるかは分かりませんが、目視で合わせるには十分な編集ソフトだと思います。



ASMR動画の完成

今回完成した動画がこちら。

大好きなニンニクを弄ってみました。

音自体はまあいい感じに撮れてますよね。

ASMRだと手の魅せ方も大切になってきますからね。手が汚いと観る気無くす方もいそうですし、この辺りは気をつけた方がいいかもしれません。

筆者は3dioSR3Dといったマイクも試してきましたが、RolandのCS-10EMはかなり使いやすくて好みです。

PCを持っていない方はこのマイクがおすすめ

PCを持っている方は上記の録音方法がおすすめですが、PCを持っていない方はSCENEの『lifelike』というイヤホン型のバイノーラルマイクがおすすめです。

iphoneに接続するだけで録音音声がバイノーラルになります。

有名ASMRistのはとむぎさんの動画でも何度か登場しています。

価格も1万円前後と比較的安いので、iphoneから直接撮影してYoutubeなどにアップロードしたい方は『lifelike』の購入を検討して良いかと思います。

まとめ

というわけで、ASMR動画の撮り方についてでした。

バイノーラルマイクさえ手に入れば、割と簡単にASMR動画は作れます。

機材さえ揃えば録音・録画は難しい作業ではないですが、映像の魅せ方の工夫は必要です。

人気のASMRistの動画を見ていると、視聴者が引きこまれるような編集をしていますよね。個人的にYAACHAMAさんの映像はクールで好きです。

音だけ簡単に撮れても、動画の引き立て方は色々と工夫が必要ですね。

この記事でASMR動画作りに興味を持っていただけると嬉しいです。

ではでは、良いASMR生活を。

最新情報をチェックしよう!