東洋紡の動画広告が凄い!?アーティストの女性は誰なのか調査してみた

最近Youtubeの動画広告でよく見かけるCMにプチはまりしています。

それがこちらの動画。

株式会社東洋紡のCMです。

見た目は魚だけど、中身を見てみるとバナナ。

東洋紡は外見は繊維の会社だけと、実際は全く異なった事業をしていることをアピールするための動画広告なのですが、これはすごく効果的ですよね。

斬新&気持ちい。

 

なんの会社なんだ!? と思わず私も調べてしまいました。ちょうど就活シーズンなので、学生に興味を持ってもらうための施策だったのでしょう。遊び心のある会社だな〜と僕の中の印象もだいぶ変わりました。

そこで僕が気になったのが、動画の中のこの女性

「いったい誰?」と思ったのは僕だけではないはずです。

バナナにあれだけリアルなペイントが出来るのはタダ者ではない…。

というわけで、中の人を調べてみました。

東洋紡のCMの女性は世界的なアーティストだった!

日清紡のCMの中の女性の正体はチョーヒカルというアーティストでした。

名前チョーヒカル(趙 燁)
生年月日1993年3月29日
出身東京都
職業アーティスト・クリエイター
学歴武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科[

この記事を書いている時点でまだ24歳の若手のクリエイターの方でした。

2013年にMAKE UPという動画作品が日本カワイイ博でグランプリを受賞し、注目を集めるようになりました。

クリエイティビティが凄い…!

 

近年ではボディペイントの作品が国内だけでなく海外でも評判になり、国際的に脚光を集めるようになります。

それだけでなく、スマホゲーム、衣服のデザイン、イラスト、立体、映像作品、キャラデザなど、活動の幅はとどまることを知りません。

なんだ…ただの天才か!

ボディペイントの才能

チョーヒカルさんが本格的にメディアに取り上げられるきっかけがボディペイントでした。

ボディペイントを始めたきっかけは、「そのとき家に紙がなく、試しに自分の手に書いたところ周りの評判が良かったから」とのこと。

いや、書くか普通。

 

と思いましたが、その発想から天才だったのかもしれません。

凄すぎますよね…。だまし絵のよう。これは生で見てみたいです。

他の人だけでなく、描いた自分自身も騙せる作品になった時が嬉しいみたいですよ。

すでに海外でも注目されており、フランス国内で放送されたスマホのCMでその才能が発揮されました。

なんとサムスンのGalaxyのCMのメイキングに協力していたのです。凄い。

動画を見る限り英語力もありますね。英語も話せて、デザインが上手くて、そして可愛い。

なんだ、神か…。

作品紹介

チョーヒカルさんの作品は公式HPで公開されてます。

こちらで幾つか紹介したいと思います。

守備範囲広すぎないですかね?

イラストやペイントももちろん上手いのですが、イマジネーションが凄いですよね。作品から伝わってくるメッセージ性が凄いと思います。素人の感想ですが。

公式HPのデザインもおしゃれです。こちらも自分でデザインされているでしょうか…。もう尊敬でしかないです。

デザインができる人は本当に憧れますわ…。

まとめ

というわけで、東洋紡のCMの女性についての調査してみた結果でした。

CMの女性の正体は、チョーヒカルさんという天才クリエイターでした。すでにいろいろなメディアで取り上げられている有名人のようでしたね。誰?と思ったの僕は少数派の人間だったのかもしれません。

調べていくうちに作品とチョーヒカルさん自身にも惹かれて、すっかりファンになってしまいました笑

チョーヒカルさんのこれからの活躍にも期待ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です