モーショングラフィックスを学べる学校Byndの評判が最高すぎた。

こんにちは、めっしーです。

モーショングラフィックスができるようになりたくてたまらない…!

以前から映像に興味がありましたが、AfterEffectsって独学にはかなりハードル高いんですよね。

調べてみても出てくる単語の意味がわからなくて全然進まない。

コンポジションて何?デュレーションプリセットインジケーター???

 

めっしー

AfterEffectsは鬼畜。

 

単語を調べていくうちに迷宮入するわたし。

そしてあっけなく挫折。知り合いから話を聞くと、AfterEffectsが独学だと挫折しやすいらしいです。

自分がアホなだけかもしれませんが、これを自力でマスターする方々は本当にすごいと思う。

素直に私はAfterEffectsが学べる学校を調べました。

そして発見したのが今回紹介するBynd(バインド)という短期でAfterEffectsを学べる動画学校。モーショングラフィックスが短期間で出来るようになれるんだとか。

評判や口コミが全然見当たらなくて怪しいな……と思っていたのですが個人的に大満足の学校でした。

今回はそんなByndという映像スクールの評判をレビューしたいと思います。

Byndとは?

Byndはハリウッドエージェントジャパン株式会社が運営する映像制作のスクール。2015年からスタートした割と新し目のスクールですが、クリエイターの方々にはすでに名の知れた学校になっているようです。会社の名前からも伺えますが、もともとはデジタルハリウッド大学の一部門だったそうです。

「1ヶ月で動画クリエイターになる」と言うコンセプトにもあるように、一つのコースが一ヶ月(厳密には6週間)で完結するようになっています。

だいたい、映像系の学校って短くても半年がほとんどの中、1ヶ月という短期間で動画編集を学べてしまうのが特徴です。

 

Byndで学べること

2017年8月現在で開講されてるメインの講座が

■モーショングラフィッカーコース
■ビデオグラファーコース

の2種。

モーショングラフィックコースはAfterEffectsを用いて素材を動かしたり、エフェクトの動作を学ぶ講座。

ビデオグラファーコースはPremireProを用いて映像作品を作る講座になります。

どちらのコースにするか具体的にイメージがわかない方は、ByndのHPから過去の受講生の作品を見ることができます。

また、無料説明会も行っているので行ってみてはいかがでしょうか。

メインのコースとは別のオプションで、

■チューンオブモーション
■スケッチフォービデオ

という講座も開講されています。それぞれ本講座に入る前の副次的な講義なので、受けても受けなくてもぶっちゃけどっちでもOKです。

めっしー

僕は受けませんでした。

 

授業の内容・流れ

 

講座は週1回の授業が合計6回。ただ、最後の2回の授業に関しては卒業制作の準備期間のため、技術を学べるのは最初の4週です。

1日に70分の授業が4セット、講座を通してだと16セットで、だいたい20時間ほど学べるので、思ってるよりもボリュームがあります。

1コマの情報量が半端ないので、気合い入れないとすぐ混乱します。しかし、わからないところもアシスタントの人が丁寧に教えてくれるので困ることはありませんでした。1人授業に遅れる心配もありません。

アシスタントの方も現役で映像制作の第一線で活躍している方々なので、非常に心強いです。

めっしー

サポートが手厚すぎて引いた。

 

私が受講していたモーショングラフィックのコースは、AfterEffectsの基礎を学ぶ講座となっており、初心者〜中級者の人を対象にしています。

私のように独学で挫折した人や、ソフトを開いたことすらない人、仕事で触ってはいるがスキルアップを目指している人など参加者は様々でした。

ソフトの重要な機能を授業で学び、講座を通して一つの作品を作り上げるのがゴールになっています。

講師の方も第一線で活躍されているプロです。僕の講師だったTASK先生は生徒から評判のByndの名物先生。教え方には情熱がこもっていて、なおかつ初心者がスッと理解できるように説明してくれます。

先生はデジハリで教材開発にも携わっていたそうです。どうりで評判が良いわけだ。

めっしー

神でしたね。

 

ひれ伏せ。

 

ちなみにこちら卒業生の作品の一部。

1ヶ月でこんな作品できるわけねえだろ!と最初は思ってましたが、最初の講座を受けただけで「あれ?なんかいけんじゃね?」と思えてしまう不思議。無理でしたが。

卒業生の作品は全てByndのホームページから観ることができます。受講生の過去作品一覧

ビデオグラファーのコースに関しても詳しく説明が載っているので、そちらに興味がある方はホームページをチェック。何気にサイトのデザインもかっこいいんですよね。

参加者特徴

bynd 授業風景

Byndを受講する方の90%が社会人です。その大半が、何かしらの形でデザインに関わった仕事をしている方々。

現に私が受講しているクラスは全員デザインや映像に関わった仕事をしている方でした。他のクラスではITベンチャーの社長や医者など、良い意味で個性が強い人が多かったです。愛知からわざわざ通いに来ている人もいて驚きました。

ちなみに私のクラスには奇跡的に一人大学生がいましたが、その方も高校生の時から映像を作成しているようで、非常に面白い人でした。

めっしー

僕の個性のなさが際立った。

 

デザインにある程度精通した参加者が多いですが、AfterEffectsに関してはだいたい同じスタートラインなので、デザインも映像も全く初心者という方も全く問題はないです。というより、初心者の方を対象にした学校ですからね。怖気付く必要なんてないのさ。

受講した感想や評判

実際に私も先日受講してきましたが、率直な感想。

めっしー

独学してきた時間はなんだったのでしょうか。

 

最高にわかりやすい。ロゴを動かしたり簡単な編集なら初回の講座できるようになりました。

今まで独学で悶絶してきた時間はなんだったんだ! と、講座受けたあとに頭を抱えながら小躍りしてしまったのはここだけの話です

初回の授業で、効率的な独学方法も教えてくれるので、初日を受講したらもうあとは一人で羽ばたけます。You can fly。

用語やインターフェースが複雑で、最初でつまづきやすいAfterEffects だからこそ、プロに教えてもらうべきだと思いました。変に独学で間違った知識つけるより習ったが断然良い。

自分が最年少でしたが、スタッフも含めみなさん優しかった。コミュ症の自分でも心地よかったです。まあコミュ症発揮しましたが。

 

まとめ

というわけでByndの評判のまとめでした。

いやー大満足です。このスクールは素直に行ってよかったと思いましたね。

最後の講義に身内の不幸で参加できなかったのは残念でしたが、受講後にもクラスメイトでの集まりや交流が多いのもByndの特徴だと思います。

Byndの評判は口コミでどんどん広がりそうな予感がします。

授業料はメインの講座単体で10万円と気軽には受けづらい価格ですが、学んだことを考えるとむしろ安いと感じるかもしれませんね。

これからAfterEffectsや映像を学び始めたい人のファーストステップには間違いなくオススメのスクールだと思います。気になる方はぜひ無料説明会に足を運んでみてください。

簡単操作が自慢の動画編集ソフト GOM Mix Pro(ゴムミックスプロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です