【ASMR流行の兆し】バイノーラルマイク録音のCMが増えている理由

隣の韓国を初めとして、世界中で普及し始めているASMRのコンテンツ。

ASMRとはいわゆる「音フェチ」のコンテンツとして認知されています。本来含蓄されている意味はもっと深いんですけどね。

ASMRについてはこちらの記事をチェック!
最近話題のASMRとは!?

これまでASMRと言えば、Youtubeを初めとした動画サイトに投稿された動画を楽しむのが一般的で、あくまで趣味の領域で楽しまれる域にとどまっていました。

しかし、ASMRのコンテンツが注目されるにしたがって、CMや動画広告でもASMRの効果を取り入れたものが登場してくるようになります。

今回は、ASMRの効果が取り入れられたCMや動画広告を紹介し、急増の裏側についても考察していきたいと思います。

バイノーラルマイクで録音されたCMの増加の理由


これまで商業用の動画にバイノーラルマイクが取り入れられることは多くありませんでしたが、最近になって取り入れられるケースが増えてきました。

その理由として考えられるのが、

  • ASMRの認知度の上昇
  • スマートフォンの普及
  • 通信速度の上昇

スマホが普及し、屋外でインターネットをする機会が増えましたよね。

そして4GやLTEといった高速回線のおかげで、これまで重くて視聴することの出来なかった動画コンテンツを、屋外でもストレスなく観ることができるようになりました。

バイノーラルマイクで録音しても、その効果を実感するには、イヤホンやヘッドフォンをつけた状態で視聴される必要がありました。

スマホの普及、そしてASMRの認知度が高まり、バイノーラル録音を商業に取り入れる機会がやっと整ったというところではないでしょうか。

ASMRの検索ボリュームは右肩上がり

そもそもバイノーラル録音のメリットは?

そもそもバイノーラルマイクとは何でしょうか。

バイノーラルマイクとは?
ステレオ録音方式の一つで、人間の頭部の音響効果を再現するダミー・ヘッドやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く状態で音を記録することで、ステレオ・ヘッドフォンやステレオ・イヤフォン等で聴取すると、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる、という方式。 -Wikipedia-

つまり、バイノーラルマイクで録音するとその場に居合わせているような臨場感を演出することが出来ます。

これまでのCMや広告は、ユーザーの視覚に刺激を与えるものばかりでした。

しかし、聴覚からの情報量に重きを置くことで、商品の魅力を違う角度から伝えることが出来るのです。

手に取らなくても、質感や重さなどをイメージさせられるため、特に食品系では、聴覚の情報をリアルにすることで、プロダクトの魅力をより一層引き立てることが期待できます。

バイノーラルマイクで録音されたCMの数々

ここ数年で、海外ではASMRの効果を取り入れたCMが次々と誕生しています。

先月公開された、神木隆之介が出演するチョコレートのCM。

webCMでは、バイノーラルマイクで録音された動画が公開されています。公式サイトはこちら

神木隆之介に包まれる感覚。やばい。(10年以上のファンです。)

商品の魅力が伝わってくるかと言われると微妙ですけどね。試みとしては、日本ではまだ珍しく面白いと感じます。

ASMR大国であるお隣の韓国では、既にASMRの効果を取り入れたCMが幾つか存在します。

ASMRの検索ボリュームの数値は韓国が圧倒的

リッツクラッカーのCM

韓国のリッツクラッカーのCM。クラッカーのサクサクとした食感がリアルに伝わってきますよね。

クラッカーってこんなに美味しそうだったっけ? と思わせる良作。

何か辛そうなラーメン

魅せ方が素晴らしい、韓国のラーメンのCM。

麺とスープをすする音がリアルでめちゃくちゃ美味しそう。

BTS出演のBBQチキン

チキンのフランチャイズ店のBBQのwebコンテンツ。

韓国のアイドルグループのBTSが出演しています。

メンバーがひたすらチキンを頬張っていくだけの動画。だけど絵になる。

韓国のASMRバラエティ番組

韓国では国民的知名度を誇るASMR。実はASMRを題材にした番組があります。

Pikicastで放送されているバラエティ番組「Mom Goes to Sleep」

日本で言うAbemaTVといったところでしょうか。お隣では立派なコンテンツとして確立されていますね。

中国 DOVEチョコレート

米国の企業Doveから発売されているチョコレート。

中国では2016年始めにASMRを取り入れたCMが公開されています。かなり早い取り組みですね。

家具販売店IKEAの製品紹介ASMR

家具販売のIKEAでも、ASMRを取り入れたCMを昨年公開してします。

実際に手に取らなくても、素材の感触が耳から伝わってきます。

バイノーラルマイクを活用したCMは、性質上食品系が多くなりがちですが、IKEAがASMRのCMの新しい可能性を示唆した形になりましたね。

TOYOTA CamryのASMRプロモ

TOYOTAの昨年、ASMRを取り入れたCMを公開しました。

反響があったのかは微妙ですが…。

これに感しては全然ASMRしてない感がありますね。

まとめ

バイノーラルマイクで録音されたCMについて紹介してみました。

海外の名だたる企業がASMRのコンテンツに注目し始めていますね。

実際にユーザーの購買にどの程度影響があるのかデータなどあると面白い結果が見れそうな気がします。

食品系だと特にユーザーの行動に影響を与えそうです。

日本企業ではまだASMRをコマーシャルに取り入れている所は少ないですが、認知度の上昇に伴い、これから日常的に目にする機会も増えそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です